看護師・介護士によくある退職理由は?

医療職に従事している人にありがちな退職理由とは、一体どのようなものなのでしょうか。まずは、体力的な理由で退職するという場合です。病院や施設にもよるのですが、比較的力仕事が多く、残業や夜勤なども多い業界ですので、体力的に限界を感じて辞めてしまう人が少なくないのです。また、女性に多いので、結婚や妊娠を期に辞めてしまう人も少なくありません。家庭との両立をすることが出来るような職場であれば続けることが出来るのですが、現状は難しい場合が多く、有能な人であっても辞めざるを得ないような状況に陥ってしまうことが多々あります。

また、夫が家事や育児を放棄した場合、仕事と家庭を両立することが出来なくなってしまい、泣く泣く辞めていく人もいます。さらに、より良い職場環境や給与のアップを目的として退職をする人もいます。この場合には、退職というよりは転職といった方が正しいかもしれません。給与が少ないことに不満があったり、自分に対してもっと正当な評価を施してくれる世界で活躍してみたかったりと、前向きな姿勢で辞めていく人が多いのかもいsれません。

医療業界というのは慢性的な人手不足に陥っていますので、退職をしてもそれほど苦労をせずに、次の職場が見つかる場合が多いと言えるでしょう。国家資格などを持っていると、さらに次の職場が見つかる可能性が高くなるでしょう。資格さえ習得していれば、年齢や性別に関係なく採用してくれる病院や施設がほとんどなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です